こんにちは。いのこまです。

東京でコロナ感染者が5000人を突破した今日。ますます旅にでられなくなりそうなので、アンテナショップで国内旅行(気分)

本日は、山形!銀座のおいしい山形プラザです。

リップルパイ

173円

発売当初(昭和40年)の復刻版デザイン。

レトロでかわいい。

156カロリー

自家製餡をバターの香り豊かなパイ生地でつつんだ焼き菓子。

バター香るパイ生地はちょっとしっとり。サクサクしてない感じが昔食べたパイ菓子を思い出します。

自家製餡にくるみが練り込まれていておいしさに奥行きがあります。コリコリとした食感とくるみの香ばしさ。

餡とパイのバランスが絶妙!ロングセラー商品なのがわかります。

このもさっとした感じもたまらんです。

リップルパイを作っている「杵屋本店」さんは、1811年(江戸時代!!)創業の老舗。

ホームページにその足跡がのっていたのですが、日曜ドラマになりそうな紆余曲折。歴代の社長と職人の奮闘ぶりが垣間見えます。

昭和不況のおりの見事な復活劇。アイディアマン8代目が夜にカフェを営業したり、アイスキャンディーを販売して苦境を乗り越えます。

また、戦争戦後の大変な時期のお店を切りもりしたのはおかみさん。お嫁さん、大変そうだな。

そうして昭和40年に発売された「リップルパイ」こちらも発売にこぎつけるまでにだいぶ苦労されたとか。

足跡を感じつつ、おいしさを噛み締める。はやく旅行したい…

今日もごちそうさまでした。

お問い合わせ