青い皿にのった煎餅と赤い筒

三重県を代表するお菓子「平治せんべい」

笠のかたちをした卵煎餅。ぱりぱりとした食感と薄甘さがおいしくて食べる手がとまらなくなります。

その「平治せんべい」にやわらかいバージョンが登場!!

笠の形をしたお菓子

銀座三越で開催されていた「本和菓衆」老舗和菓子の跡取りが、新しい和菓子を伝えてくれる楽しいイベントで購入しました(現在は終わっています)

平治のやらかいせんべい(16枚入り)

648円(税込)/16.1カロリー(1枚あたり)

「やらかい」とは三重県の言葉で「やわらかい」

確かに三重県に住んでた祖母が使っていたような…

対応してくれた店のご主人(着物姿が粋!)の三重県の言葉に猛烈ななつかしさを感じました。

青い皿にのった煎餅

笠の形がかわいらしい。

(なぜ笠の形なのかは後ほど…)

やらかくなった平治せんべい、いただきまーす!

青い皿にのった煎餅2枚と湯呑

ふにふに~あま~い

顔がほころぶ優しい甘さ。

卵せんべいならではの香ばしさと卵の味がとってもおいしいです。

ふにふにした食感がまた心地いい。

やわらかいけど、しっかりした生地なのでかみ切るのにぶにーっとのびる感じ。

素朴で優しい味と食感に癒される~

青い皿にのった煎餅2枚と赤い筒、紙袋

卵せんべい好きの方、素朴なお菓子が好きな方、見つけた際には是非お試し下され~

やらかくない平常「平治せんべい」もおいしいのでこちらもぜひ食べていただきたいです!!

青い皿にのった煎餅2枚

最後になぜ「笠」か…

平治せんべいの由来は謡曲「阿漕」などで有名な平治の孝行物語。

漁師の平治が病気のお母さんのために漁が禁止されている阿漕浦で魚をとって、海に沈められたいう悲しいお話。その漁がばれたのは、「平治」と書かれた笠を忘れていったから…て、

うっかり者ーっっ!!!

飛ぶ鳥あとを逃さず。浮気は墓までの精神ですよー、平治さん!!

それだけ一生懸命だったわけですよね。

その悲しい物語の笠を模してつくられたのがこの「平治せんべい」

由来知るとせんべいがちょっとしょっぱいや…

今日もごちそうさまでした。


【平治煎餅本店】平治煎餅 48枚入


【平治煎餅本店】平治煎餅 オリジナル&ショコラ

お問い合わせ